2012年11月15日

須藤裕司 インディゴチルドレンの地球対応マニュアル 体験談




須藤裕司のインディゴチルドレンの地球対応マニュアルに
自分に合うもの、あわないものが具体的に理解できたという体験談がりました。

インディゴ・チルドレンと呼ばれる人たちは
発達障害等と診断されがちですが、本当はそうじゃありません。

人とは違う感性、そういったものを持っているだけです。

ですが、人は自分の考える「普通」とは違う行動をするものを
「異常」としかみなしません。

だから、当人は苦しみ悩みを抱え、そして解決できないでいます。

このマニュアルは、そんな人達に手を差し伸べ
手助けするために作られました。

実際に、須藤裕司のインディゴチルドレンの地球対応マニュアルを実践した人から
こんな体験談も届いています。

〜ここから〜〜〜〜

自分に合うもの、合わないものについて、より具体的に解るとともに、
実践していく中で、体調が安定し、本来の直感力が冴えてきました。

子供に戻ったかのような感覚で、生き直ししてるって感じです。

千葉様 41歳


ものごとへの感じ方が以前よりもずっと素直で明快になったと思います。

自分の意思が自分でわかりやすくなったおかげで感覚や
判断力が向上したという自信が湧いてきました。

松井様 46歳


〜ここまで〜〜〜〜

体験談を送ってくれた人たちは
長い間自分の感性と、周りが合わず悩んでいました。

しかし、今はその問題を解決しています。

生きづらいと思っている世の中が
ある時違う景色が見えてくる。

その景色を見るために、このマニュアルを活用してみてください。

>>インディゴチルドレンの地球対応マニュアル